オフィスが果たす役割とは


近年の働き方改革の推進やテレワークの導入により、オフィスのあり方が変わってきています。

ICT・IoTの進展により、いつでも・どこでも働ける環境がと整いつつあります。

その一方、労働人口の減少により、一人ひとりの生産性向上も課題になっています。

そのようなさまざまな課題を抱えた企業において、オフィスが果たす役割も変革が求められています。

「仕事をする場=オフィス」ではなくなってきている時代、仕事をするさまざまな場所を「ワークプレイス」と捉え、いかに効率的に成果を上げるかに焦点が

おかれるようになってきています。

さらに多様化するワークプレイスのなかで、「オフィス」という場のあり方や重要性が見直されています。

オフィスの役割の変革が起こり、これまで以上にオフィス・働く場の重要性が増している今、どのようなオフィスが必要とされるのでしょうか。


オフィスが果たす役割

偶発的なコミュニケーションの創出

オフィスづくりにおいて、社員同士のコミュニケーション強化に関わることを、コンセプトの1つとして取り組む企業は多くなってきています。

オフィスを、イノベーションを生み出す「知」の交流拠点と捉え、組織として新たな価値を創造していくための、さまざまな取り組みが行われています。

たとえば、オフィス内を徹底してオープン化することによって、他部署との交流を図れるようにしたり、社員同士の一体感の創出を行う、オープンマインドの

醸成を支援する、などが行われています。

また、行き交う人同士の日々のコミュニケーションを生み出す仕掛けも重要となります。

社員同士の偶然の出会いを誘発させ、人と情報が自然に集まり、そこで発生する何気ない会話が「知」の交流を高め、新たな気づきを促す工夫がされています。

主要動線の中央にスタンディングタイプのミーティングテーブルを設置し、主要動線そのものがコミュニケーションの空間とする、などがあります。


社員が集うハブとしての機能

近年、オフィスの役割は「作業や業務をこなす場所」としてではなく、「知識創造の場」として捉えられるようになってきています。

新たな知識創造や価値創造の強化を行うため、「知」を積極的に交流させる“オープンイノベーション”を推進しているオフィスの事例も増えてきています。

企業の理念や技術力、提供サービスなどを共有できる「ハブ」としても機能を果たすことも求められます。

たとえば、展示・資料スペース、自由に利用できるライブラリースペース、簡単な執務ができるシェアードスペースを設ける、などがあります。

オフィスはさまざまな情報交流の中で、新たな価値創造のための活動をサポートする役割も担っていく必要があります。

また、社内の多様な部門や事業間での「知」の交流を活性化させるために、組織全体のゾーニングの見直しを必要とする場合もあります。

各部門や事業の活動や協働を、視覚的に認知させるために空間のオープン化や打ち合わせスペースやライブラリーなどの業務支援機能の共有化、

カフェやリフレッシュスペースでの積極的な交流のサポートなど、イノベーションを支える活動と仕組みを用意することも大切です。


業務に合わせて働ける場

部門や業種を越えた交流を通して、情報やノウハウを交換し部門間のシナジーを高めることは、企業にとって重要なことです。

シナジーを高めることによって、個人はもちろん組織全体としての創造性を発揮し、効率的に成果に結びつけることができます。

個人にとどまっていた創造性を共有し、発見できるような働き方を実現するために、働く場を選択できるような「場」を設ける

企業が増えてきています。

たとえば、フリーアドレス制を導入し、業務に応じて一部を固定席として運用したり、集中できる個人ワークスペースやコミュニケーションを取りながら働ける

オープンなスペス、アイデアだしなどの情報共有スペースを設ける、など企業により運営方法や必要なスペースは異なります。

このようなスペースを効果的に運用するためには、定期的に活用度のチェックを行い、フィードバック・改善を行っていく必要があります。


社員の健康への配慮

オフィスづくりにおいて、社員の健康促進に貢献し、豊かな生活の支援を行うことは、すべての企業における共通の課題となります。

その取り組みは、オフィス移転時などに実施される大規模な施策から、現状のオフィス内での日常的な取り組みまで、さまざまなものがあります。

オフィス移転の例では、健康的で多様な食文化に対応した食事を無料で提供するカフェテリアや、カラダを動かしリフレッシュするジム、クリニックや託児所の

併設など、さまざまな働き方に対応した配慮を行い、働くすべての人の日々の生活を豊かにし、働きやすい環境の提供に取り組んでいます。

また、オフィスのリニューアルの機会を利用し、健康に対する意識を高める仕掛けを用意する企業もあります。

オフィス内での活動量を増やすように、動線計画を工夫することや、スタンディングワークを可能とする上下昇降型デスクの導入やスタンドミーティング用

テーブル・チェアの設置など。社員が楽しみながら健康的な活動ができるよう、軽いエクササイズができるスペースの設置やうんてい・ジャングルジム・

ボルダリングウォールなどを装備する例もあります。

工夫次第では比較的容易に実施できる対策も多くあり、小さな事から導入する企業も増えてきており、社員の健康に対する考え方が変わってきているといえます。


常に学べる環境

社会を取り巻く環境や状況は、常に変化しています。

環境や状況の変化を正しく知り、この先にいかに活かしていくのか、今後の活動にどのように結びつけていくのかは、企業にとってとても重要な視点になります。

常に「学ぶ」ことを通して、新たな知識を得て、それを成果に結びつけていくためには、得られた「知」をもとに視野を広げながら、自身の専門性をより進化

させていくことが求められます。

社員が日常の業務の中で、学んでいくための工夫や先進的な情報に触れることができるような仕組みも必要です。



オフィスづくりに重要な要素


企業が目指す働き方改革の姿や、そのためのオフィスづくりの課題や改善点、またその優先度はそれぞれの企業によって異なります。

重要なことは、ただ単に先端的な他社の取り組みを真似るのではなく、さまざまな事例からその目的と施策・成果を学び、どのような施策が自社にとって有効的

であるかを知ることです。

そして、実施すべき対策を十分に考察し、具体的な方策に進めていくことが重要です。

こうした対策により、何を変えようとしているのか、どう変えたいのか、何のためなのかの目的を明確にし、オフィスづくりを行うことが重要です。



LINOFFULL

LINOFFULLでは、快適なオフィスづくりのお手伝いをしております。

オフィスのことなら何でもご相談ください。


関連記事