会議の種類と用途に合った「会議室」の必要性


昨今のテレワーク推進により、オフィスのあり方やオフィスに求められる機能は変化しています。

資料作成などの個人ワークは、オフィス内でなくともテレワークでも可能な仕事という認識にもなってきています。

その中でもオフィスに求められる機能の一つとして、社内のコミュニケーションが重視されています。

社内のコミュニケーションといっても、会議、ミーティング、簡単な打合せ、雑談など、コミュニケーションにはさまざまな種類があります。


会議や打ち合わせもリモートでできるとしている企業も多くありますが、実際に集まって行う会議とでは質が違うとも言われます。

会議の種類や方法によっても、変わってくるでしょう。

会議の種類と方法を知り、自社で取り入れるべき会議室の種類を導入し、会議の効率化を図りましょう。


会議の種類

会議室の種類


オフィス内で行われる「会議」には、さまざまな種類があります。

行われる会議に合わせた会議スペースの構築を行うことが、効率的な会議を行ううえで必要です。


大型テーブルタイプ


大型のテーブルを囲うように座る。大人数が集まって行う会議で使われること

が多く、報告会議や意志決定会議など、一方向の発信が多いタイプの会議に向

いている。


可動テーブルタイプ


キャスター付の可動式折りたたみテーブルを使用し、人数の増減

の調整や配置の変更などが容易に出来る。会議に種類によって

変えられるのがメリット。


フレキシブルタイプ


可動式の変形テーブルを組み合わせて、会議の形式や人数などに

よって配置をフレキシブルに変形できる。

さまざまな種類の会議に対応できるのがメリット。



効率的な会議を行うためには、用途に合った会議室を使用することが重要になります。

どんな会議室を使って行うかによって、会議の質が変わってしまいます。

自社で行う会議はどんな種類の会議が多いか、またどんな会議が必要なのかを明確にし、会議室を含めたオフィスの設計を行うことが大切です。

会議の種類を考え、用途に合った会議室を設置しましょう。


LINOFFULLでは、快適なオフィスづくりのお手伝いをしております。

オフィスのことなら何でもご相談ください。

関連記事